BACIONE Thailand

BACIONE Thailand

バッチョーネ Thailand

私なりのメーターを使わないタクシー運転手への対処法を紹介しますw

f:id:Janba_zz:20200731091630j:image

えっと…まーこんなことを記事にしなくとも良いかと思いますが…以前よりかなり多くなったタイ王国でのメーターを使わないタクシー運転手への対処法を書いてみます。

タイ王国では、どうだろうかなり長い間…10年くらい前からタクシーの料金が値上げされてないと思っているのですが、違いますかね?まーいづれにしろタクシーの初乗り料金は安いですよね。タクシーに関しては…10年前はメーター使わないタクシーが結構多かった記憶があります、その後徐々にメーター使用が一般的になり夜間でも適当拾うタクシーでも普通にメーターという時期もありました。そして四、五年前からでしょうかね…またメーターを使わないタクシー運転手が増えてきたと思います。現在はタクシー配車アプリGRAB TAXIによる乗車が増えてきているでしょうから、ネットを使わないタクシー運転手への経済的な圧迫はさらに増しているかと思いますから、言い値というのも致し方ないかとは思います。

まーバンコクなどでタクシーを拾う際には、ドアを開けて運転手に行き先とメーターを使うかを聞いてから乗車すれば、まったく問題ないことだと思います。もちろん乗車拒否はスタンダードですから気にしてはなりません。乗車拒否が続きタクシーに乗るまで時間がかかってもですね、急ぐ=コストが必要と考えたならわかりやすいかな…急ぐなら運転手の言い値で乗車すれば良いと私は思います。

例えばよくあることですが、キャリーバックを持ってタクシー待ちをしていたならタクシー運転手は空港向けの客だと気づくはずですから、空港へ行く気のない運転手はスルーするでしょう…止まってくれたタクシー運転手は金儲けのチャンス!っと思っているかもしれませんよね。とりあえずドアを開けて空港向けと伝えトランクにキャリアバックを乗せてから、もちろんタクシー運転手が手伝ってくれる場合が多いと思います…金儲けのチャンスなんですからwそして後部座席に乗り込み行き先を確認して走り出すと運転手は空港までの言い値を言ってきますよね、まー大概は一人乗車でスクンビット駅付近なら四、五百バーツくらいの言い値かと思います。とりあえずメーター使わないのか?っと聞いてみる手もありますが、基本的運転手と揉めるのは得策ではありません。言い値はメーター使用時と百数十バーツ程度くらいしか変わらない…ようは四百円の違いだけですからね…この些細な金額で旅先で、ロケーション的に不利な場所でトラブルを起こすのは利口なやり方ではありませんよね。こういう場合ですが私の場合ですが運転手に言い値の料金は合意すると伝え、その代わり高速代は運転手持ちだよっと言うことにしています。スクンビット駅付近乗車ですと間近から高速に乗ると高速代が80バーツ程度になるはずですからね。大概の運転手はこの提案を快く受け入れると思います。はっきり言って正規でないタクシー運転手はイサーンの田舎とかの出身ですから算数、足し算引き算は苦手な人が多いですから、こちらからの提案で自分の身入りがいくらになるかなんて直ぐにはわからないと思いますよ。その後は運転手次第で良いとします…間近から高速に乗る運転手もいれば、次の区間まで下道を走る運転手もいます。要はこちらが急いでいなければ良い訳なのです。時間はお金ですから、時間を使えばお金を多分に支払うことにはならないと思います。思い出してください…タクシーに乗車する前にだってメーター使用するタクシーを選ぶのに時間がかかっていると思いますよ。そしてグラブタクシーだってようは言い値ですよね。

日本でだって鉄道運賃が普通と特急は料金が違いますよね…同じ移動距離なのに料金が違っています。単にA地点からB地点に移動するだけと考えたなら、日本人が憎む「ボラれた」になるのではないでしょうか…

「時は金なり」です…急いだり快適ならコストがかかると理解しておきましょう。そして旅先で自分の不利なロケーションでのトラブルは避けることが良いと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ



参考になりましたら~ポチッ♪ポチッと2度お願いします!↑

それでは皆様チャオ♪バッチョーネ♪

バッチョーネ タイランド