BACIONE Thailand

BACIONE Thailand

バッチョーネ Thailand

ソーラー発電による井戸汲み上げの最良のセットはこれ? その2

f:id:Janba_zz:20200403161000p:image

昨日からtrue(通信会社)のtureという表示がSafeAtHomeに変わっています。地味ですが良い試みかと思います。

 

f:id:Janba_zz:20200403152900j:image

さて…昨日懸案としてあげたことについて朝から作業しましたよ…揚水ポンプの設置位置を8メートル下げる作業を…結果…空運転は無くなりました…が…揚水量がね、かなり下がってしまいました。これねー8メートルはちょっと下げ過ぎって感じですね、地下24mから32mにしたのですけど…8メートルはやり過ぎね。

 

f:id:Janba_zz:20200403155655p:image

そもそもこの井戸は井戸掘りとソーラーパネル、揚水ポンプ設置一式を業者に丸投げしたのでポンプも業者選定なんです。業者が選定したポンプのタイプはかなり浅い位置から水量を稼ぐタイプのポンプだったのです。またこの手の他に揚水量を犠牲にして深い位置から揚水するポンプもあるんですよね。今回この井戸に設置されている水量を稼ぐタイプですと揚水距離30mくらいが一番揚水量に変化があるような感じになっていますね。

 

f:id:Janba_zz:20200403160043j:image

 

ちなみに私の選定しているポンプは上の仕様です。そもそも設置深度が30m近辺になるうちの牧場ですからね、またこのポンプはステンレスインペラー仕様を選ぶことができたので選定していました。まー最近選定しているポンプはプラスチックインペラーのポンプになってしまっていますけどねw

本日の作業により設置位置を変えた感じではとりあえず地下32mではポンプが常に水中にあり空運転することはない感じでした。現在四月ですから地下水位は最低の位置にあるはずですから、この時期に地下水位とポンプの位置関係を知っておくのは良いことかと思います。とりあえず次はポンプ設置位置を4mあげて地下28m付近にして様子を見てみようかと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ



参考になりましたら~ポチッ♪ポチッと2度お願いします!↑

それでは皆様チャオ♪バッチョーネ♪

バッチョーネ タイランド

 

ソーラー発電による井戸汲み上げの最良のセットはこれ?

f:id:Janba_zz:20200402153601j:image

 

f:id:Janba_zz:20200402154324j:image

330W ソーラーパネル2枚、600WDC深井戸用ポンプを使い地下24mから揚水する仕様に340Wのソーラーパネル2枚追加設置してみました。カタログ発電量1340Wですから六掛けとして最大800W以上の発電量が見込めます。晴天ではないですが、ポンプコントローラーで確認すると820Wと発電量が表示されていました。今までのソーラーパネル2枚仕様ですと最大400Wの発電量でしたからポンプは6割強程度の揚水量ということでした。もちろん太陽光が弱い場合は発電量が減りますから揚水量が減ったり揚水が出来なかったりしていました。ソーラーパネル追加設置したのでポンプ必要ワット数の1.36倍の発電量となっていますし、太陽光が弱くなっても発電量に余裕があるので絶対的な揚水量のアップが見込めるはずです。

が…乾季が過ぎ地下水の水位が下がりきっていますので、ポンプ揚水量、ポンプ設置位置、水位の戻るスピードの関係でポンプが空運転してしまう状態となってしまいました…とりあえず2セット同じ仕様としたのですが、片方は水位センサー内蔵型、もう一方は水位センサー無しというDCポンプでしたので、センサー内蔵型はスタート〜水位下がると停止、直ぐに水位回復、再スタート〜水位下がるという感じの運転、センサー無しは水位が下がったことによりポンプが露出しウィンウィンと稼動音が聞こえる状態となりました。まー対策としてはポンプ設置位置を現状の地下24mからPVC管を2本追加して32m程度まで下げてみようかと思いますが…結局は水位が戻るスピードがポンプ揚水量に追いつかなければ、結局はポンプは空運転することになってしまいます。

とりあえず実験ということで後日実施してみようかと思います。

この600Wのポンプと330Wソーラーパネル4枚の組み合わせが一番良い組み合わせかと思っていますが…思わぬところに問題があるってことですね…


にほんブログ村 海外生活ブログへ



参考になりましたら~ポチッ♪ポチッと2度お願いします!↑

それでは皆様チャオ♪バッチョーネ♪

バッチョーネ タイランド

 

あつーい…イサーンの田舎…

f:id:Janba_zz:20200401203355j:image

水牛はサバイサバイねーほんと羨ましい…世界はコビット19によって人類自ら大恐慌へと突き進んでいっています。各国とも国内感染が主になったら普段どおりに生活を戻すべきではないでしょうか…このままでは武漢ウィルスによる死より経済的な死の方が優ってしまいそうです。このニュースの陰にイエメンによりサウジアラビアの首都リャドにむけ弾道ミサイルによる攻撃があったみたいですね…以前のドローンによる油田攻撃といい…かならキナ臭い感じがします…

 

f:id:Janba_zz:20200401203400j:image

 ちょこっと作業しました。数日後には雨が降るようです…湿度が高い状態になってます。

 

明日はソーラーパネル追加設置する予定です。

 


にほんブログ村 海外生活ブログへ



参考になりましたら~ポチッ♪ポチッと2度お願いします!↑

それでは皆様チャオ♪バッチョーネ♪

バッチョーネ タイランド

 

犬騒動…

f:id:Janba_zz:20200331182412j:image

 

この犬、ブラジリアンガードドッグの雌なんですが、本日牧場へ左遷となりました…この犬、絶対咬みつく犬でして…今まで人に咬みついたことは数知れないほどあります。とりあえずヒートだったので家に連れ帰ったのですが…交尾に至らずでした。この犬人間で言えば発達障害なんでしょうね、非常に怖がりで良く吠えるんですよね、気が小さいから良く吠えるし、良く咬みつくのです。番犬としては非常に優れているのですが…住宅密集地には合わないですね。例えば近所の人が自分の犬をいぢめていたとするとそれ人の匂いを覚え、その人を犬の敵と認識し吠えるようになります。すると吠えられた人に嫌われて投石とかで攻撃され、ゆえにまた吠えることになります。

それの積み重ねで周りの人達から嫌われてしまいましてね…それでこれ以上無用なトラブルを避けるためにも左遷としました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ



参考になりましたら~ポチッ♪ポチッと2度お願いします!↑

それでは皆様チャオ♪バッチョーネ♪

バッチョーネ タイランド

 

褒められたいは隷属の始まり…

f:id:Janba_zz:20200330161331j:image

 

閉鎖中のタイ王国のイサーンの田舎です。午前中の簡単な作業の後…ブラジリアンガードドッグの熱い洗礼を受けつつ木陰でハンモックでマッタリ休憩…

  

少し前にですが「子供は褒めて育てる」とかいうことが流行った気がします。もちろん褒めることは必要なことかて思いますが、行動基準が褒められるためという人間を作ってしまうのは非常によろしくないと思います。ちょっと前に思考を他人に委ねることが多いコンイサーンという記事を書いたのですが、そのことと褒められたいという行動基準は共通の問題があるのです…

それは…常に自分より上位な存在を必要とするということです。例えば褒められたいというのは誰に褒められたいのか…まさか自分より下位の人間に褒められたいと思う人はいないかと思います。必ず自分より上位の人間に褒められたいということであるはずです。褒めて育てて他人に隷属するように仕向けるというのは、いささかよろしくないと思いますが…いかがなものでしょうか…

優れた民主主義下で独裁者が生まれる秘訣が隠されているかもしれませんね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ



参考になりましたら~ポチッ♪ポチッと2度お願いします!↑

それでは皆様チャオ♪バッチョーネ♪

バッチョーネ タイランド

 

愛と生活は別…その2

f:id:Janba_zz:20200329124154j:image

暑くてね…軽作業だけにしてます…塗装の進捗具合は6メートルくらいでしょうか。

さて…うちの市では昨日も男女間のトラブルで男性が女性を殺してしまう事件が発生しました。同様の事件が三カ月連続続いたことになります。まー何時ものこととは言えね…三件とも加害者は男性で薬物の常用者っていうことです。うちのような県で一番小さな市でも、このような事件が連続して発生するのですからね…タイ全土だとかなりの発生件数になっているのかと思います。

あーそれと近県のブリラムの刑務所から受刑者四名が逃走したようです。うちの牧場とか絶好の隠れ家になったりしますから、明日からちょっと注意が必要かなっと思っています。

 

さて…本題…

 

幼少の頃から両親にある意味洗脳されているコンイサーンは…一族の生活の為なら嫌なことも厭わない方もかなり存在します。ある意味村中の周知の中バンコクパタヤのゴーゴーやバービアで働いているのですからね…そりゃ心情的にも大変だと思いますよ。 ある日…そのコンイサーンの女性を見染めた外国人男性が大金を叩いて女性をゴーゴーから足抜けさせても…コンイサーンの女性にとっては、ゴーゴーで働くことが外国人男性に変わっただけなのです。 ゴーゴーで働いているときも女性はビジネスライクに愛を口にしていたでしょう…そして次に対象になった外国人男性に対して愛を口にするのは、なんてことはない容易い事なのです。

よく考えたら分かりそうなものですが…愛は盲目…幸せ回路スイッチオンですね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ



参考になりましたら~ポチッ♪ポチッと2度お願いします!↑

それでは皆様チャオ♪バッチョーネ♪

バッチョーネ タイランド

 

イサーン流の買い占めをお教えしましょう…

f:id:Janba_zz:20200328184704j:image

f:id:Janba_zz:20200328184708j:image

 

地味な作業w

 

イサーンの田舎では今回の武漢肺炎による非常事態宣言により買い占めにより買えなくなったものがあります。

 

それは…

 

「卵、たまご」ですw

 

コンイサーンは外出不可になると卵を買い占めるみたいですよww たまご…マジ売られていないし、売られていても通常の倍近い価格…いやもっと高い値段がついています。ってか…売ってないよww

 


にほんブログ村 海外生活ブログへ



参考になりましたら~ポチッ♪ポチッと2度お願いします!↑

それでは皆様チャオ♪バッチョーネ♪

バッチョーネ タイランド